「学校では教えてくれない本当のアメリカの歴史」 ハワード・ジン(あすなろ書房)



 現在、世界はアメリカ発の金融不況で苦しんでいる。それでも多くの人にとってアメリカはあこがれの国だ。自由、平等、アメリカンドリーム。アメリカほど光り輝く国はない。しかし光には影がある。一部の富裕な白人が先住民、黒人、貧しい人々などを今も虐待し続けている国でもある。『学校では教えてくれない本当のアメリカの歴史』は、虐げられた民衆の側から見た、ハワード・ジンの世界的ベストセラー『民衆のアメリカ史』を若者向きに平易に編集し直したものだ。

 例えば、コロンブスはアメリカ大陸を発見した英雄だと言われているが、実は奴隷と黄金を得るためにカリブ海の島々の人々を虐殺し、たった2年でハイチの25万人の人々を半減させてしまった。またアメリカ独立宣言は人間の平等と生命、自由、幸福の追求の権利を謳い、民主主義の勝利宣言だと考えられているが、実は少数の富裕層の既得権益を守る宣言であり、先住民、黒人、女性は守るべき対象とされていなかった。

 本書は1492年のコロンブスのアメリカ発見から2006年のプッシュ大統領の時代までの裏アメリカ史で、アメリカにあこがれている読者は衝撃を受けるだろう。しかしそれは、まさしくもう一つのアメリカの顔であり、強者からだけ見ていては歴史の真実は分からないことを私たちに教えてくれる。
(江上 剛:作家)

(朝日新聞 2009-11-8)



目次


inserted by FC2 system